お客様が同じ症状を繰り返しているのに疑問が生じたことで 他に原因があるのではないかと、心について考えるようになる。

mariko02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディワークに従事している時に、お客様が同じ症状を繰り返しているのに疑問が生じたことで

他に原因があるのではないかと、心について考えるようになる。

いつもと同じ症状の部位をほぐしている時に、ふと脳裏によぎる言葉をかけていくと、

お客様自身が何かに気付いたり、筋肉がやわらぎ、ほぐしやすくなったことから、徐々に言葉かけを増やしていった。

ダブルワークをやめたときに、ボディワークに生かせるツールとしてTFHを勉強した。

筋肉に効く言葉があるのは気づいていたが、的確に絞ってアプローチできれば、もっとたやすく

お客様も疲れず、楽になるのではないかと、TFHを選んだ。

しかしながら、再受講をすすめるインストラクターさんを見て、違和感を覚えた。

TFHを生かすことなく、1年を過ごすが

せっかく勉強したのだから、と各地イベントに出展しはじめる。

しかし、キネシオロジーが元々北陸に浸透していないのと、本当の効果が実感できなかったため、手ごたえが得られず。

実感できなかったのは

もっと、クライアントさんの話を聴くべきでは?

果たして本当の原因は、そこだったのか?

それでクライアントさんが前に進めるのか?

こんな疑問があったからです。

プラス、短時間で覚える筋肉が多すぎるー

一度の受講では、理解しきれないから再受講をすすめるのは、違うと感じたためTFHではないと思った。

 

そうしているうちに、

TFHのインストラクターさんが、1からはじめるキネシオロジーの基礎講座を受講した感想をきいて、講座と

創始者である斎藤慶太氏に興味がわく。

 

そして、1からはじめるキネシオロジー基礎講座を受講。

慶太さんに初めてお会いする。

講座内容もさながら、テキストを開かない講座に圧倒され、共感し新たな勉強のスタートをきる。

(補足:テキスト記載内容以外に伝えたいことが多すぎるため)

 

1からはじめるキネシオロジーは、潜在意識=無意識=心の内側にアクセスできるところと、

自分自身が(クライアントさん自身が)体感できるところが素晴らしい。

潜在意識にアクセスするセラピーやヒーリングは多々あるかも知れないけれど

この正統派キネシオロジーは、自分から発する言葉で、潜在意識(本当の自分)の想いに気付いていく。

納得せざるを得ない自分の言葉を聴くことで、自ら新たな道を進んでいく姿を見るのがうれしい。

 

そして、私自身も癒されているのを実感している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP