何のためにキネシオロジーを学びたいか?を 少し考えてみて、自分に合う 今、この人だ!!というキネシオロジストやセミナーで 勉強して頂きたいなっと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、最初は軽い気持ちでキネシオロジーに入りました。

「誰かの役に立ちたいな」

「痛みだけでもとれれば、楽になるだろ・・・。」

と思って、勉強を始めました。

始めは、家族にも「宗教だっ!」と言われやめてしまおうかと

思ったときもありました。

でも、勉強すればするほど、身体の声の奥深さ、

自分が知らない自分を垣間見たり、

実際にクライアントさんに実践する中で

信じられないようなことが起こってきました。

そして、

齋藤慶太氏に出会ってからさらにキネシオロジーを勉強して、

わかったことがあります。

キネシオロジーは、

自分の内側を深く見るのには、役にたつ道具。

でも、本当は、自分の内側を見つめることで

自分のために自分らしく生きることの

素晴らしさをみつけるきっかけなんだなっと思います。

 

自分もキネシオロジーをきっかけに、

自分の人生を生きることの大事さを体験して、

自分を否定して、何もしなかった自分から

今、親からこの人生をもらえたことを感謝して、

自分が輝くことを楽しむことがようやくできるようになっていきました。

 

私は、キネシオロジーを使って仕事にしていますが、

大事なのは、何でもそうですがそれに出会って

自分が何に気づいて、本当はどのように生きていきたいか?

自分の輝く生き方を見つける過程なんだなっと思います。

 

今では、6年前に疑いの目を向けていた家族からは、

生活の中で元気になるものを選んだり、

少しの不調は、家族にたよられるぐらいになりました。

昔と今では多い違いです(笑)

 

でも、私は昔は自分の内側を深く見つめるなんでできなかった。

だから、深くよりも浅い身体の痛みという分野にアプローチする

一人目の師匠、岩崎和子氏から学んでいき、、

深く追及する自分を育ててきたから、

深さを追及する二人目の師匠齋藤慶太氏の元で勉強する経緯になりました。

 

なので、これから学ぼうと思われている皆さんは、

何のためにキネシオロジーを学びたいか?を

少し考えてみて、自分に合う

今、この人だ!!というキネシオロジストやセミナーで

勉強して頂きたいなっと思います。

どこから入っても、自分の求める人生に役にたつものを選んで頂きたい。

生きる屍のような人生ではなくて、

自分の魂を輝かせる本来の道を生きるためのものを選んで頂きたい。

キネシオロジーはその一つのツールです。

でも、私が知る限りは今、一番生活でも仕事でも

一番役にたつ一つのツールには違いないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP